木津かおりとthe民謡 『旅する足袋 〜越後編〜』

木津かおりとthe民謡 初ツアーお知らせ
旅する足袋 越後編
〜旅は出会いに予感 足袋は出会いの証し〜

父の故郷魚沼からはじまり、柏崎、燕市、そして
ホームグラウンドの学芸大学駅で仕上げの“ただいまライブ”
4回に渡って繰り広がります。

どんな出会いがまっててくれてるかな。。
沢山にお客様と出会えます様に。。

1日目 魚沼市 7/5
https://www.facebook.com/events/575904519483879/?ti=icl

2日目 柏崎市. 7/6
https://www.facebook.com/events/2411561002235875/?ti=icl

3日目 燕市 7/7
https://www.facebook.com/events/361458007849908/?ti=icl

4日目 学芸大学 7/16
https://www.facebook.com/events/2371342659570962/?ti=icl

———-

木津かおりとthe民謡の初のツアーは越後です
木津かおり父の故郷7/5 南魚沼のライブカフェレオンから始まり
7/6柏崎アマポーラ 7/7 燕市 福勝寺 と回ります。
「旅は出会いの予感足袋は出会いの予感」どんな出会いがあるかな。
今からドキドキです。
そして、東京は学芸大のCherokee7/16となります。

木津かおりはこの日に合わせてNewごったんが出来上がる予定。
素敵な皆様と出会えることを楽しみにしています。
お近くの皆様。又新潟旅行として等どうぞお出かけくださいませ
おまちしています♡

ーーーー
木津かおりとthe 民謡 プロフィール

それは岡部洋一の誘いで2015 年9 月、「実験 岡部洋一vol.10」での衝撃の出会
いから始まった。翌2016 年6 月、今度は岡部洋一と太田惠資をゲストとして迎え、
「木津かおりとthe 民謡」が始まる。民謡がもつ地域性は不規則性や言葉優先主義
として容赦なく西洋音楽理論を絶望の淵に陥れ、そこから新しい現代の民謡の音色
に衣替えしていくことになる。そしていつしか3 人による強固なグループとして唯
一無二のサウンドが確立されようとしている。時々つけられるライブサブタイトル
「春 婚礼」「恥じらう恋茶化す恋」「天まで届け民の唄」「ありがとう!民謡仕立て
の忘年会」「音の根音の芽」は民謡の歴史を今に蘇らせてくれるお札にもなった。
そして今回「旅する足袋~越後編~」では「旅は出会いの予感 足袋は出会いの証し」
として、初めて越後の空気に媒介されてまた新たな一歩を踏み出す。

メンバー

木津かおり [きつかおり](唄・ごったん・三味線)

岡部洋一[おかべよういち](パーカッション)

太田惠資[おおたけいすけ](ヴァイオリン)

関連記事

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

the民謡 Vol.1 より

the民謡 Vol.1 より

the民謡 Vol.1 より

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。